電話は今は、大昔と言っていいほど昔からあります。その昔から繋いでくれたものは人と人の心です。

心と心をつないでくれる電話

電話は戦時中からあるものでした。目の前にいる人としか会話ができなかった人類にとって、目の前にいない人とも会話ができるということはどれほどの感情を人にわき起こさせたのでしょうか。驚きや悦び、うれしいといったところでしょうか。今でも電話は人と人のコミュニケーションに欠かせないツールとして活躍しています。インフラが発達して電子メールや、ともすればインスタントメッセージアプリなどで簡単に会話ができてしまうようになっていますが、やはり耳から聞こえる生きている人間の声のトーンには人とつながっているという感じを受けます。

遠く離れた恋人との連絡にもメールばかりだといくばくかのさみしさが募りますね。やはり生身の人間の声を聴くとうれしくなりますね。少し前までは携帯電話に話し放題のプランなどがなかったため、遠距離恋愛中のカップルは携帯電話の料金が3万円などというびっくりするような金額を払っていたようです。そこまでしても聞きたい恋人の声はそれなりの価値があるのでしょう。遠く離れた両親にも電話をしてみると、その声のトーンから体調の良しあしまで伝わってくるようです。電話とは人と人の心をつなぐものであり、それによって相手との絆が生まれるものと思われます。

Copyright (C)2017実はすごい!今どきの家庭電話.All rights reserved.