自宅の電話と違って、会社でなっている電話に出ることは誰しもあります。初めて出るときは非常に緊張するものです。

誰しも緊張する会社の電話

携帯電話が普及してからは、だれが電話をかけてきているのか、電話帳に登録があれば、そのディスプレイに表示されるため、出る前にあらかじめ心の準備ができます。家族や恋人からであれば、普段通りの気持ちで出れます。ただし、真夜中の実家の家族からの電話などは、不幸を想像し、やや緊張します。また、ワーキングマザーの方などは、保育園や学童保育からの電話にも緊張すると思います。わが子の発熱か、それとも何か問題が起こったのかと、電話に出る前から緊張が走ります。また、幼い子供の場合は、自宅の電話に初めて出るときも、だれからかかってきているかわからない不安から緊張すると思います。

大人になってから、電話に出るときに緊張することはそうなくなってきていると思いますが、それでも緊張を味わうのは、初めての職場で、初めて電話が鳴っているものを取るときではないでしょうか。個人としてではなく、会社の代表として会社名を名乗って出るわけですから、それについての業務知識が豊富と呼ばれるくらいになるまでは非常に緊張するものです。それでも、電話に出続けなければ、いつまでたっても業務知識は増えませんし、正しい言葉づかいも習得できません。

おススメサイト

Copyright (C)2017実はすごい!今どきの家庭電話.All rights reserved.